インプラントをオススメする理由

まつだて歯科メール相談

インプラントのメリット
  • 他の治療と異なり、健康な歯を削らなくていい。
  • 入れ歯から開放される。
  • ブリッジにした場合に起きやすい歯根破折のリスクが減る
  • なんでも美味しく食べることができる
  • 自然な仕上がりで目立たない
歯10本以上で認知症予防効果!?

75歳以上で身の回りのことを一人でできる人(自立高齢者)のうち、歯が10本以上残っている人の割合は、認知症の場合より2・2倍高いことが、歯科医師会の調査でわかった。
佐賀県歯科医師会は2008年から10年にかけて、県内の75〜84歳の計682人(男性278人、女性404人)を対象にアンケートを実施。このうち、自立高齢者は587人で、認知症の人は95人。認知症のため自ら説明できない人には、介護者から聞き取りした。
結果、歯が10本以上残っている人は、自立高齢者が49・6%だったのに対し、認知症の人は半分以下の22・1%にとどまった。「硬いものがかめるか」という質問でも、「かめる」と答えたのは、自立高齢者が70%で、認知症の人は40%。自立高齢者の65・4%は入れ歯をしているが、認知症の人は35・8%と低かった。

認知症肺炎は歯の数が少なくなると、顕著にかかりやすくなります。現在、健康意識の高い人たちの間では、アンチエイジング(抗加齢)が話題になっていますが、よくかめる、何でもおいしく食べられることは、健康を語る上で最も大切なことなのではないでしょうか。

おすすめできないケース>>>

インプラントの適応性

適応年令

・骨の成表発育が活発な思春期(男22才女20才ぐらい)までは骨成表の安定を観察しながら治療を開始する必要があります。上限の年令は基本的にありません

全身的なご病気

高血圧、心疾患、糖尿病、骨粗しょう症等についてはインプラント治療を行う際には注意が必要となります
高血圧、心疾患については通常の抜歯等の外科的術と同じように注意が必要となりますが、現在通院していたり過去に経験がある場合は、主治医の先生にインプラント治療が可能かどうか相談する必要があります。重い症状でなければ、手術前からしっかり管理を行えば比較的安全に行えます。 糖尿病の方は免疫細胞が障害され、傷口の治癒能力の低下や、感染に対する抵抗性の低下が見られます。しかし、血糖値がしっかり管理されている糖尿病の患者さんであれば手術の前に抗生物質の投与と手術後の経過観察をしっかり行えば、健康な方と同様に治療が可能です。

骨粗しょう症

・骨粗しょう症は、全身の骨量が低下して骨の脆弱性が増し骨折が起こりやすく病気です。顎の骨も骨粗しょう症により影響を受けますが、主治医の先生に検査して頂き、一定の数値をクリアできれば十分インプラント治療は可能です。

歯ぎしり

・歯ぎしりなどの悪習癖はインプラントや残っている歯に悪影響を及ぼします。そのような方は正確なかみ合わせの確保とマウスピースを使用することによりできるだけ歯に対するストレスを無くしたほうがいいと考えます。

その他

・その他のご病気としましては、甲状腺機能障害、呼吸器疾患(気管支喘息など)、腎疾患、血液疾患重度の肝疾患などが挙げられます。個々の状況や症状に応じて主治医、内科医の診断を考慮してインプラント治療を行う必要があります。