床矯正とは

床矯正はフランスで主に行われる治療で、永久歯が生そろう11歳前後の子供の矯正に用いられることが多い方法です。11歳前後が適齢ではありますが、5歳という早期からはじめられる矯正としても有名です

安価で安心!ストレスを感じない

矯正治療は大変苦痛を伴いストレスを与えてしまいます。その点床矯正は取り外しができることで睡眠の間だけの装着などで、そこまでのストレスは感じないのではないでしょうか。
なるべく歯を抜かずに自然に歯が綺麗に並んでいくこの治療法は子供たちの矯正には大変適した方法だと言えます。
床矯正の費用は矯正治療の中でも安くできる治療です。通常の矯正治療ですと50万円が最低ラインですが、この床矯正は9万円~30万円の範囲で出来ます

通常の矯正治療との違い

床矯正治療の目安年齢は5~7才前後です。この時期は顎や顔の成長、発育に誘導できる年齢です。 一般的な矯正治療は10~11才前後に開始します。 この時期は第二次成長期である程度の成長を見込んだ時点での治療開始となります。 床矯正治療を行うことで顎を誘導できれば早期治療で綺麗な歯並びを手にいれることができるかもしれません。 本格的な矯正治療の前段階で床矯正治療をすることで顎自体の器が大きくなりますからその後の治療がやり易くなるともいえます。

ご存知ですか?床矯正

安心と実績の松舘歯科医院

年齢、拡大装置の効果もあり顎が大きくなっていくと装置が合わなくなっていきます。お子様個々によって違いますが、通常2~3個必要な場合が多いようです。

メリット

永久歯(大人の歯)を抜歯せずに治療を進める事が可能である。

(床矯正治療は非抜歯が原則)

治療費が安く済む。

早期治療なら10万円程度で済ませられる

装置の取り外しが可能である。

デメリット

治療に限界がある。

複雑な不正咬合を発症している場合や希望レベルが高い場合は通常の矯正治療を併用する必要がある。

効果を発揮するには床装置を規定の時間入れる必要がある。

(患者さんや家族の治療への協力が必要)
w

床矯正で使用する装置は簡単に取り外す事が出来ます。

安心と実績の松舘歯科医院